上杉クリニック

当院では外来一般診療の他に、総勢医師10人体制で通院困難な患者様の定期往診も承っております。
定期往診の患者様には24時間、365日体制で緊急対応致します。

在宅診療について

在宅診療では、病院に通院する手間や病院での待ち時間などを心配する事無く、住み慣れたご自宅で診察・検査・点滴等を含む治療を受けることができます。

病状が思わしくない患者様、慢性疾患で時に病状が急性増悪する患者様、食事摂取が安定しない患者様、胃瘻チューブ・尿バルン・気管切開カニューレ等を留置しいつトラブルが起こるか分からない患者様、高齢独居で不安のある患者様、老衰が進みつつある患者様、癌末期で不安の患者様等が、24時間365日いつでも医師と連絡がとれ、自宅で診察・治療を受けることができ、安心してご自宅で過ごすことができます。
どんな些細なことでも気になることがあればいつでもご連絡頂ければ対応致します。

当院では、患者様がご家族や小さなお孫様等に見守られながら住み慣れたご自宅で最期までやすらかに過ごせることができるようお手伝い致します。

初めて診療を受ける方へ

在宅診療をご希望の方は、お気軽にお電話(044-766-7171)でご相談下さい。直接クリニックにご来院頂いてもご相談承ります。ご担当のケアマネージャーさん、区役所の介護担当係にご相談頂き、ケアマネージャーさんや介護担当係を通してご連絡頂いてもかまいません。

診察対象となる症状

  • 通院できず、ご家族が薬だけを医療機関にもらいに行かれている患者様はおられませんか?
  • 病院の次回受診日までの間、体調変化などがご心配な患者様はおられませんか?
  • 癌末期、老衰で終末期をご自宅で最期を迎えたいとお考えの患者様はおられませんか?

在宅診療では、通院が困難、あるいは入院が必要な患者様が、ご自宅や施設で定期的な診療・検査・治療を受けることができます。調子が悪い時のみの往診とは異なり、通常2週間毎に訪問診療をします。

今まで通院していた病院での診療を継続したまま、在宅医療を受ける事も可能です(併診可能)癌末期、気管切開や胃瘻(胃に栄養チューブ)、在宅酸素、人工呼吸器、中心静脈栄養、点滴、尿カテーテル、床ずれにも対応可能です。年齢、病名、介護度などに制限は無くどなたでも受ける事ができます。
癌末期・老衰・慢性疾患終末期で、「最期をご自宅で迎えたい」とご希望の方には、出来る限りご希望に沿えるようにご協力させて頂きます。
在宅医療の費用や当院のこれまでの在宅診療の実績は、右最上段のメニュー在宅診療をご覧下さい。

診察・検査の進め方

診察は予め患者様と相談して診察予定日・時間を決め、2週間毎に定期的に在宅に伺い診察致します。癌末期・老衰・慢性疾患終末期等病状が不安定な患者様の場合は、毎週や週2回定期的に伺うことも有ります。
病状が悪化した時は訪問回数を増やし、必要に応じて点滴や血液検査等をすることも可能で、早期治療により入院しなくても済むケースが多くあります。

発熱、痛み、食欲低下等の病状に変化があった場合、当院では、総勢医師10人で24時間・365日体制で緊急往診を行い、安心してご自宅で過ごせるようにお手伝いさせて頂きます。
病状変化が緊急往診を依頼する程でなくても、気になる事が有ればいつでも予めお伝えしている電話番号にかけてご気軽に聞いて頂ければ、お答え致します。

守秘義務と個人情報について

当院は、個人情報の保護に積極的に取り組んでおります。
お電話を含む、患者さんからのお問い合わせの内容に関して、守秘義務を厳守いたします。